飲み方のコツ

手のひらの薬

むくみに悩まされているとき、1日1回アルダクトンを飲むとむくみのもとである体内の不要物や余計な水分などをまとめて排出することができます。
排泄機能を活性化させて、尿をたくさん出すように促すからです。
また、薄毛に悩まされているとき、1日1回アルダクトンを飲むことでホルモンバランスの乱れを整え、頭髪の調子をよくすることができます。
と、このように便利なアルダクトンですが、反面、注意すべきこともあります。
たとえば、上にも書いている通りこの薬の用法用量は「1日1回」が基本ですが、その1回をいつにするか、考える必要があります。
時間帯としては、大体昼間、日が出ている間に服用するというのが賢い服用方法であると言えます。

「夜寝る前に飲むべき」といわれる薬もありますが、アルダクトンに関しては昼間のうちが良いわけです。
なぜかというと、アルダクトンには冒頭にも書いたように尿をたくさん出すように体に働きかける効果があります。
夜にアルダクトンを飲むと、その効果が少しばかり出すぎてしまうことがあるのです。夜、寝てから利尿作用が大いに働き……要するに夜中、おしっこに頻繁に起きてしまうようになることがあるのです。
睡眠が妨げられてしまうと、またホルモンバランスの乱れにつながったり、生活リズムが不健康なものになったりしてしまいます。
というわけで、アルダクトンを飲むのは日が出ているうちが良い、ということになるのです。